悪い部分を見直そう

分析して調べよう

どのような年齢層や性別の人がホームページを見てくれたのか分析することで、ホームページの改善点に気づくことができます。
商品には、ターゲット層があると思います。
若い女性をターゲットにした販売した商品なのに、ホームページを見てくれなかったら意味がありません。
宣伝方法に問題があったと言えるので、ホームページを見直してください。
もっと分かりやすいように情報を発信すれば、今度はちゃんとターゲット層の人がホームページを見てくれます。

お客さんを集めるためには、自分の宣伝方法が正しいのか調べる必要があります。
分析するツールがあれば、すぐに問題点を把握できます。
10000円前後で導入できるので、そのぐらいの費用を惜しまないでください。

簡単に扱えるツール

スマホのアプリで分析できるツールがおすすめです。
それならいちいちパソコンを起動しなくても、ホームページを内容が正しいのか分析できます。
ホームページ以外に、SNSの結果を分析できるツールがあるので使った方が良いです。
SNSの反応を見れば、お客さんが興味を持った内容をすぐに把握できます。

新商品の開発をする時にも便利ですね。
お客さんから反応の良かった投稿を参考にすれば、新商品のヒントを得ることができます。
ホームページやSNSで情報を発信して、そのままにするのはおすすめできません。
必ず見直してください。
するともっと良い、情報の伝え方に気づくことがあります。
お客さんがどのような情報を求めているのか知るためにも、振り返りを徹底しましょう。



TOP